【必読】アラサーの婚活の始め方と知っておくべき注意点・コツを徹底解説!

30歳前後の年齢層のことをアラサーと呼びますが、この年頃は親や親戚から結婚を促すような圧力がかかることもありますよね?

その結果、結婚への焦りを初めて感じる方が多いようです。

一般的にもアラサーになる頃には、社会に出たばかりの20代前半に比べて多くの経験をしており、しっかりとした判断ができるようになっているでしょう。

つまりアラサーは、精神的にも経済的にも自立していて、結婚に最適な時期ともいえます。

この記事では婚活をスタートしようと思っているアラサーの女性・男性が知っておくべき情報をまとめました。

まだ婚活を始めるか決めていない方にも必要な情報になりますので、ぜひ参考にしてください。

目次

アラサーの男女が婚活前に準備すること

まずアラサーの男女が、婚活をする前に準備しておいた方が良いことを紹介します。

事前準備をしておけば、途中で何を目的としていたのか分からなくなってしまうようなことは起こりにくくなります。

どの項目も1人でできることなので、婚活前にしっかりと準備しておきましょう。

自分が理想とする結婚生活を考えておく

「結婚=女性は寿退社して子育てをする」という時代ではない今、世の中には非常に多くの夫婦の形が存在しています。

自分はどのような結婚生活をしたいと思うのかをはっきりさせておくと、婚活で出会った相手と、その生活を実現できるかどうかを想像しやすくなるでしょう。

具体的には

  • 共働きを希望するか
  • 子供がほしいか・何人ほしいのか
  • どこで生活したいのか
  • 自分の両親との同居を希望するか
  • 義両親との同居は可能か

などが結婚生活を大きく左右する事柄です。

その他にも「夫婦で同じ趣味を楽しみたい」「家事はしっかり分担したい」など細かな希望を用意しても良いですね。

もちろん夫婦で希望する結婚生活が同じものだとしても、その通りにいかないこともあります。

しかし、初めから全く違う結婚生活を理想としているもの同士が結婚しても、お互いの思い描いていた結婚生活とは程遠いものになってしまう可能性が高くなってしまうのです。

自分が理想とする結婚生活は相手に求める条件にも影響を与える部分ですので、婚活開始前にしっかりと考えをまとめておきましょう。

特に女性の場合は結婚後・出産後も仕事を続けたいのか・専業主婦となり家庭を支えたいのかを決めておくと良いです。

自分が結婚相手に求める条件を考えておく

結婚相手には誰にでも必ず希望する条件があると思います。

たとえば

  • 相手に求める年収
  • 相手の職業
  • 相手の年齢
  • 住まいの場所

などがその具体的な例です。もちろん100%希望の条件の相手と巡り合って結婚につながるとは限りません。

しかし下記のような抽象的な希望では、婚活をスムーズに進められなくなってしまいます。

  • ご縁がある方と理想の相手と
  • フィーリングが合う方と
  • 理想の相手と

また相手に希望する条件が多い場合には、条件に優先順位をつけておくと良いでしょう。

絶対に譲れない条件もはっきりとさせておくのがおすすめです。

婚活にかける時間・期間・費用を想定しておく

婚活は使用するサービスによって必要な時間・費用が大きく変わります。

自分が婚活のために月にどのくらいの時間が割けるのか・いくら程度の費用が使えるのかを想定しておきましょう。

婚活を始めてもすぐに結果が表れない可能性も考え、金銭面・時間的な負担が重過ぎるような状態は避けるようにしてください。

また「1年婚活してみて、ダメなら一度婚活を休止する」などの結婚以外のゴールも決めておかないと、ダラダラと婚活を続けてしまう可能性があります。

婚活を続ける期間や区切りを決めておくのも良いですね。

自分が本当に結婚したいのかを考えてみる

自分が本当に結婚をしたいと希望しているから婚活をするのかをよく考えてみましょう。

なぜなら、婚活を始めたものの途中で辞めてしまう人の中には

  • 「周りの人が結婚し始めたから何となく」
  • 「親や親戚が結婚しろとうるさいから仕方なく」

などの理由で婚活を始めた方が多いためです。

もちろん気軽に婚活をして「運良く理想の相手と出会う機会があれば結婚を考える」という考えは良いと思います。

しかし、何となく婚活を進めて提示した条件に合った相手がいたから結婚するという流れはおすすめできません。

婚活方法の種類とは

一言に婚活と言っても婚活の方法にはいくつもの種類がありますので、いざ婚活を始めようと思うとそれぞれの違いが分からずに困ってしまうこともあるでしょう。

ここではアラサーの男女が婚活を行おうと思った時に選択できる代表的な婚活の種類を説明したいと思います。

自分に最適な婚活の方法はどれなのかを考えてみてください。

友人や知人からの紹介

こちらは説明する必要がないかと思いますが、昔からある友人や知人から異性を紹介されるパターンです。

しかし最近は良い紹介相手がいても「お節介かもしれない」と積極的に紹介が進められないことが多いようです。

そのため、事前に「良い方がいたら紹介してほしい」と周囲にアピールしておくと、紹介してもらいやすくなるでしょう。

【平均的な費用・期間】

費用:無料
期間:1年〜

マッチングサイト・マッチングアプリ

最近増えている婚活の方法で、スマホやパソコンでマッチングサイト・アプリを利用して婚活をします。

基本的には相手に求める条件や自分の条件を登録すれば自分にマッチする相手が自動的にピックアップされ、その相手の中から気になった方に専用メッセージツールなどを使用して連絡を取り合うシステムです。

使用するサービスによって内容に多少の違いはありますが、複数回のメッセージのやり取りを続けて実際のデートにつなげます。

一度に何人もの相手とメッセージのやりとりができるため、婚活に限らず交際相手を探すために気軽に利用している方も多いでしょう。

【平均的な費用・期間】

月額:3,000円〜
期間:1年〜数年

婚活パーティー・お見合いパーティー

定期的に開催されるパーティーに参加し、そのパーティー内のイベントを通じて相手を見つける方法です。

以前はパーティー形式のものが主流でしたが、現在は合コン形式のものも用意されており、習い事感覚で相手を見つけられる趣味コンなども人気です。

パーティー後に連絡先の交換やデートにつなげやすいので、「結婚を前提に」というよりも気軽なお付き合いや友達付き合いをする相手を求めている方にも人気があります。

【平均的な費用・期間】

1回の費用:3,000円〜
期間:1年〜数年

結婚相談所

結婚相談所では自分が希望する相手・理想とする結婚生活を選任のカウンセラーが把握した上で婚活が進められます。

カウンセラーは相手の紹介だけでなく婚活を円滑に進めるためのアドバイスもしてくれるので、第三者の客観的な意見を参考にしながら婚活ができるのです。

ほとんどの結婚相談所では登録時に身元の確認も行なっているため、年齢詐称や年収詐称の心配がなくなり安心して話を進められるでしょう。

【平均的な費用・期間】

初期費用:入会金10万円〜
月額:1万円〜
期間:半年〜1年

婚活方法の種類別のメリット・デメリット

婚活の種類を説明いたしましたが、それぞれのサービスにはメリットとデメリットがあります。

アラサーの男女が婚活の方法を決める前に、メリット・デメリットの両方を理解する必要があるでしょう。

友人や知人からの紹介のメリット・デメリット

一般的には友人や知人に異性を紹介するときには「この人にはこの人が合いそうだな」と思うような相手が選ばれると思いますし、見ず知らずの身元が分からないような人を紹介してくることはないでしょう。

そのため、全く知らない人と付き合いを始めるなどの不安を解消できるというメリットがあります。

しかしデメリットもあり、具体的には

  • 紹介してもらった相手が好みでなかった場合
  • 付き合いをして違和感を感じた場合

などは、紹介してくれた方への義理もありますので、返事に困ってしまうことも考えられます。

マッチングサイト・マッチングアプリのメリット・デメリット

マッチングサイト・マッチングアプリは毎月とても手頃な価格で利用でき、入会金などもかからないことが多いです。

さらにスマホさえあれば通勤時間などを活用して婚活ができるというメリットがあります。

デメリットとしては、使用するサービスによっては身元の確認も行われないため、暇つぶし・遊びの延長で利用している方も多く、マッチングで出会った相手が本当に結婚を希望しているかは分からないでしょう。

中にはビジネスの勧誘を目的としている・結婚詐欺を狙っているなどの悪質なユーザーもいるようです。

セキュリティ面で不安なサービスも存在していますので「自分の身は自分で守る」という気持ちを忘れずに、初対面の相手に個人情報を伝えないなどの注意が必要です。

婚活パーティー・お見合いパーティーのメリット・デメリット

自分の都合に合わせたパーティーに参加でき、その日のうちに直接相手と顔を合わせて会話が可能だということが婚活パーティー・お見合いパーティーのメリットです。

ただし、規模によっては非常に多くの方と次々に会話をすることになりますので、人見知りの方には向いていません。

また、特に女性の場合には婚活パーティーに行くために参加費用の他に衣服費などがかかる場合もあるでしょう。

知らない相手に顔が分かってしまうことに抵抗を感じる方も多いようです。

結婚相談所のメリット・デメリット

結婚相談所を利用する方は本気で結婚を希望している方が多く、出会った相手とすぐに結婚を前提としたお付き合いが始められるというメリットがあります

また、プロの意見をもらいながら婚活が進められるので、自分の判断以外に客観的な意見を常に取り入れられるでしょう。

婚活に行き詰まった時にも状況に合わせた的確なアドバイスがもらえます。

サービス面で他のサービスに劣る部分はありませんが、質の高いサービスを受けられる引き換えに他の婚活サービスに比べると費用が高額になるというのが唯一のデメリットです。

タイプ別!おすすめの婚活方法!

婚活の方法やメリット・デメリットを理解しても、自分はどの婚活方法を選ぶべきか迷ってしまいますよね?

ここでは多くの方が迷う婚活方法の選び方についてタイプ別に紹介していきたいと思います。

自分のタイプはどれに当てはまるかを考えた上で婚活の方法を選ぶ参考にしてください。

気軽に楽しく婚活をしたい

「まずは気軽に婚活をしたい」と考えていないという方には、マッチングサイト・マッチングアプリがおすすめです。

今ある空き時間を利用して、まるで友人に連絡を取るかのように気軽な感覚で婚活が進められます。

月数千円程度で利用できるサービスばかりですので、費用面での負担の心配もいりません。

とりあえず気軽に婚活を初めてみてから他の婚活方法にステップアップを考えるのも良いですね。

知らない人と出会うのは不安

知らない人と話をする・2人きりで会うことに抵抗を感じる方は多く、それは珍しいことではありません。

そのような方は友人や知人から相手を紹介してもらうと良いです。

信頼できる友人・知人の紹介なら、怖い思いをさせられるような相手と出会う可能性も低く、身元もはっきりしているため、安心して婚活ができるでしょう。

紹介を受ける相手も紹介をしてくれた方への義理がありますので、お互いに礼儀を持った付き合いができます。

婚活に使う時間が用意できない

忙しい毎日を過ごす中で、婚活のために一定の時間を用意することができない方も多いです。

マッチングサイト・マッチングアプリはスマホで利用できるので、少しの空き時間や通勤時間にも婚活ができるでしょう。

また、婚活パーティー・お見合いパーティーは単発のイベントですし当日予約が可能なものもあるため、仕事が早く終わった日や急な休みなどを活用して参加することができます。

婚活に使う時間が用意できないのなら、このような自分のスケジュールに合わせて婚活が進められる方法を選びましょう。

本気で婚活をしたい

気軽な交際は求めず、本気で婚活をしている人とのみ出会いたいと考えているのなら、結婚相談所がおすすめです。

結婚相談所は費用面・システム面を考えて気軽に利用している方は少なく「好みのタイプと出会えたけれど、相手は結婚をまだ考えていない」ような状態は発生しにくいのです。

本気で婚活をしたいと考えている方が気軽に利用可能なサービスを利用してしまうと、相手の婚活に対する軽い姿勢にがっかりしてしまうことが多いので注意しましょう。

アドバイスをもらいながら婚活を進めたい

今まで多忙のため婚活ができなかったという方もいると思いますが、婚活を希望する方の中には異性との付き合いが得意でない方もいるでしょう。

結婚相談所では、プロのカウンセラーが相談者に寄り添い、希望の相手についてのアドバイスの他にも、交際に関しての細かな助言ももらえます。

また、恋愛経験の豊富な方でも婚活時には第三者のアドバイスが重要だと言えます。

なぜなら、今までの交際相手とはうまくいかないことばかりだったけれど、カウンセラーのアドバイスを参考に相手選びを行なって幸せな結婚ができたという事例が多いためです。

少しでも早く結婚したい

短期決戦で結婚を希望している方にも結婚相談所がおすすめです。カウンセラーに結婚を希望する時期を伝え、早い対応を依頼しましょう。

結婚相談所では利用者に合わせたアプローチができるので、そのような希望も汲み取った上で相手探しをしてくれます。

自分で「早く結婚したい」と婚活を進めると焦りから間違った判断をしてしまうおそれがありますが、結婚相談所では客観的な意見を元にスピード感を持って婚活を進めることができるでしょう。

アラサー男女が婚活をするときの注意点

婚活サービスの選び方などを説明いたしましたが、実際に婚活をするときにはどのような注意点があるのでしょうか?

ここからはアラサーが婚活をするときの注意点について紹介します。

男女共通の注意点になりますので、自分にそのような傾向がないかをよく考えてみましょう。

相手に高望みをしてしまう

結婚相手に条件提示が重要であることをお伝えしましたが、婚活を進めるうちに条件ばかりが追加され、どんどん高い理想を求めてしまう方がいます。

良い方に出会っても「今後もっと良い条件の人と出会えるかもしれない」と感じてお断りを続けてしまったり、そもそも「条件をクリアしていない人とは絶対に会わない」と婚活が全く進まない場合もあるでしょう。

確かに譲ることのできない最低条件は用意するべきですが、あまりに高過ぎる年収を希望したり条件に少しでも合わないからといって対象外としてしまうと、どんどん婚活を長期化させてしまうおそれがあります。

また、その最低条件が一般的に見て高過ぎる理想になっていないかどうかを考えた方が良い場合もありますので、相談相手がいるのなら自分が相手に求める条件について客観的な意見をもらうと良いですね。

受け身になり過ぎてしまう

アラサー男女の中には早く結婚をしたいという気持ちが強く、気に入った相手に好かれたいという感情から相手の意見を立てることを重要視し、受け身になり過ぎてしまう方がいます。

中にはそのような相手を好む方もいますが、多くの場合は「意見がない人」という印象を持たれてしまう可能性があります。

その結果、相手に選んでもらえないどころか興味すら持ってもらえないこともあるでしょう。

そもそも婚活時に自分を偽って結婚したとしても、今後一生自分を偽らなくてはいけないことになりますので、受け身になり過ぎるようなことは止めた方が良いです。

過剰にアピールし過ぎる

「受け身になり過ぎる」の逆のパターンで、相手に気に入ってもらいたいがあまりに自分のことを過剰にアピールし過ぎてしまい「押しが強過ぎる」「自己中心的」という印象を持たれてしまう方のことです。

男性の場合は自分を大きく見せようと見栄ばかり張ってしまったり、女性の場合は自分を理解してもらおうと自己主張ばかりしてしまうなどがよくある例になります。

婚活中に出会った相手とは「お互いのことを理解し合う」ことが大切だと忘れないようにしてください。

相手の悪い面ばかり気にしてしまう

一般的にアラサー男女は、今までに仕事や私生活で多くの人との出会いを経験しています。

そのため、つい相手を減点法で採点する傾向があり、自分が減点ポイントだと感じてしまった部分ばかりが気になってしまうようになります。

「ここが嫌」「これは良くない」ではなく、相手のプラスの面を見つけるようにしましょう。減点法で婚活を進めても、自らチャンスを遠ざけてしまうのです。

自信を喪失してしまう

男女ともに、恋愛においても好きな相手からフラれるというのは非常に辛いことです。

婚活は恋愛よりも短期的にアプローチ・それに対する返答があるものなので、恋愛ほどのダメージはないと思いますが、辛いと感じる事実に違いはないでしょう。

そのため婚活が上手くいかないことで自分が否定されていると感じ、自信を喪失してしいまう人もいますが自分を責める必要はないのです。

上手く行かなかった相手とは縁がなかった・条件が合わなかっただけだと考え、自分が悪いと思わないようにしましょう。

今回の対面や交際で失敗があったと感じるなら次の出会いの反省点にすれば、自分自身も成長を続けることができます。

結婚に夢を持ち過ぎている

婚活に恋愛感情が必要ないとまでは言いません。

しかし「もっと運命的な出会いがあるはず」「ときめきを感じられる相手と結婚したい」などの夢を結婚に抱いていると、婚活が難航してしまいます。

婚活は恋愛のような感情から始まるものではありませんが、冷静な判断で結婚相手を見つけられるなどの多くの利点があることを理解する必要があるでしょう。

アラサー男女が婚活をスムーズに進めるコツ

婚活を始めるときには誰もが「できれば早く理想の相手と出会いたい」と考えていると思います。

ここからは、アラサー男女が婚活をスムーズに進めるためのコツを説明しましょう。

周囲の意見を気にしない

職場や親戚などに自分が婚活をしていることを知らせる人は少ないため、周囲の方の中には無神経な意見を言う人もいるでしょう。

「結婚はまだ?」「子供は早い方が良いよ」などの意見に影響されて婚活に焦ってしまわないようにします。

また「結婚相手は〇〇な人に限る!」などの意見も自分の判断のブレにつながるおそれがあります。

相談相手と感じている方の意見であれば別ですが、その他の周囲の意見には耳を傾けないことがおすすめです。

「あの人はすぐに婚活が成功したのに・・」などのような人と自分を比べることも止めましょう。婚活は自分のペースで行うものです。

自分の魅力を理解してアピール方法を考える

「男性が結婚したいと感じる女性はこういう女性」「女性が結婚したいと感じる男性はこういう男性」などの例が雑誌やインターネットで取り上げられることもあります。

しかし、好みは人それぞれですし他の人と同じようにして自分を偽る必要はありません。

自分の魅力は何かを知り、その魅力の伝え方を考えましょう。

婚活は自分をアピールする場でもありますので、自分のことを理解できていない状態では相手に自分の良さを伝えることは難しくなります。

第三者から自分の長所について意見をもらっておくのも良いでしょう。

条件ばかりでなく相手の内面を見るようにする

結婚相手に求める条件ばかりにこだわり過ぎて出会いを狭めてしまうことのないよう、絶対に譲れない条件以外は気にしないようにします。

条件を絞り過ぎた結果、理想の相手との出会いを逃してしまう可能性もあるのです。

婚活を進めるうちに「やっぱりこの条件は欠かせないな」「この条件は絶対でもない気がしてきた」などと感じ、自分が求めている条件は変更されることも考えらます。

最低条件以外は可能な限り柔軟な姿勢を保てるようにしてください。

相手の魅力を見つけるようにする

相手の良い部分を見つけて判断をする癖をつけましょう。

もしご縁がない相手が続いたとしても「婚活をしても条件に合わない人ばかりだ」とネガティブな感情を持ってはいけません。

「ここは良い人なのだけど、どうしてもこの条件が合わないからお断りする」と考えた方が、ポジティブに次の出会いに進めます。

相手のプラス面を見つける能力は、婚活以外の私生活でも役立てることができるでしょう。

自分を偽り過ぎない

相手に好かれたいがあまりに自分を偽り過ぎてしまうと、いずれどこかで無理が生じます。

結婚は基本的に今後一生続くものですので、居心地が良く本来の自分でいられる相手を見つけるようにしましょう。

婚活の期間はお互いのことを理解し合うために使うと考え、相手の本来の姿も知って理解を深められるようにしてください。

婚活と恋愛は別物だと考える

恋愛の結果に結婚となる場合と違い、婚活で出会った相手とは初めから結婚を前提とした付き合いになることが一般的です。

そのため、恋愛をする相手と結婚相手は別だと考えた方が良いでしょう。

ときめきを求めて婚活したり今までの相手と似たタイプの人を結婚相手に求めてしまうと、なかなか婚活が進みにくくなります。

婚活と恋愛を別のものだと考えれば、自分に合った結婚相手はどんな人なのか今までの恋愛経験に左右されずに相手選びができるようになります。

焦らずに婚活を進める

婚活を始めると早く結婚につなげたいと感じてしまう人が多いと思いますが、焦りは人の判断力を鈍らせ間違った決定をしてしまいやすくなります。

また、あまりに進展を急いでしまうと相手の心が離れてしまうこともあるのでしょう。知らない相手と距離を縮めて行くのですから、じっくりと段階を踏む必要があるのです。

婚活を早く終わらせ結婚すれば良いというものではありませんので、幸せな結婚につながる婚活を進めるために焦らないようにしてください。

婚活がうまく進まないときには・・・?

努力をしても婚活がうまく進まず行き詰まってしまうこともあります。

ここでは、アラサーの男女が婚活でつまづいてしまった時の対処法をお伝えしましょう。

自分のアプローチに間違いがないか考える

相手の立場に立って、自分は間違ったアプローチをしていないか客観的に考えてみます。

たとえば積極的にアピールし過ぎていたり、その逆に積極的過ぎていないかなどのことです。

自分では気づかずに誤った行動をしてしまっていることがありますので、結婚相談所を利用しているのなら、カウンセラーにアプローチ方法などを相談すると良いでしょう。

婚活の方法を変えてみる

「思っていたより気軽な付き合いを求めている人が多くてがっかりした」「誰からもアドバイスがもらえずに何をどうしたら良いかわからなかった」などの不満を感じているのなら、問題を解決するために婚活の方法を変えてみるのも良いでしょう。

先ほど紹介した婚活の方法ごとのメリット・デメリットを参考に、自分が不満に感じた部分を補えるものを選ぶようにしてください。

サービスの掛け持ちや乗り換えを考える

同じ婚活方法でもそのサービスは一つしか利用できないわけではありません。

ほとんどの婚活サービスは掛け持ちを禁止しておらず、乗り換え割引が用意されていることもあるのです。

サービスが自分に合っていない可能性もありますので、さまざまなサービスを利用してみるのも良いでしょう。

婚活に疲れてしまったのなら休憩する

婚活に一生懸命になり過ぎてしまいストレスを感じているのなら、一旦婚活を休むのもおすすめです。

感じている焦りを止められないようなら、婚活自体を休止することで冷静な気持ちを取り戻せることもあるでしょう。

婚活休止中も1人で過ごすのではなく、人の集まる場所やイベントに参加を続けるようにすれば、気分転換だけでなく出会いのチャンスも増やせます。

暇な時間があると余計なことを考えてしまうものですので、趣味に没頭したり1人の時間を楽しむのも良いですね。

アラサーの男女が婚活をするときに、まず何から始めたら良いのか?婚活サービスの種類や選び方を説明いたしました。

最後に婚活の進め方を分かりやすくお伝えしましょう。

STEP詳細
1.相手に求める条件などを決めるこちらの記事で紹介した「アラサーの男女が婚活前に準備すること」を参考にしてください。
事前準備をしているかどうかで今後の流れがスムーズに進むかどうかが変わります。
2.自分に合った婚活の方法を考えるそれぞれの婚活の方法のメリット・デメリットを理解した上で婚活の方法を決めましょう。
3.婚活サービスの利用開始決めておいた相手に求める条件などをしっかり反映させて理想の相手を探しましょう。
4.気になる人がいればアプローチ利用する婚活の方法やサービスによって方法は変わりますが、気になる相手がいればアプローチしましょう。
その際にはアピールのし過ぎ・受け身になり過ぎないように注意します。
5.交際開始デートなどで相手のことを知り、お互いに相手を気に入れば交際に至ります。
お断りをされる・お断りをすることになっても、前向きに次の出会いに進みましょう。
6.真剣交際・プロポーズ交際が続き、結婚を前提とした真剣交際に進展します。

利用する婚活の方法によって細かな部分は違いますが、どの方法を選んでもこの婚活の大まかな流れは変わりません。必要な期間はどれだけ努力するかよりも運に左右される部分もあります。

婚活は自分の人生を左右する非常に重要な行為ですので、すぐに結果が表れない場合もありますが、焦らず前向きに自分の理想の相手を探しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる