結婚相談所に必要な独身証明書。取得方法や期限などを徹底解説

結婚相談所に入会することを考えホームページを見ていると「独身証明書」という言葉を目にしますよね。今まで結婚相談所への入会を考えたことがない人は、このとき初めて「独身証明書」という言葉を知ったという人も多いでしょう。

本記事では、独身証明書の入手方法、独身証明書は絶対に必要なのか、結婚相談所での独身証明書の使用目的、独身証明書の有効期限について解説します。

目次

独身証明書と何か?その取得方法を解説

独身証明書とは、その字のとおり、独身であることを証明する書類です。

結婚相談所に入会するからには、男女ともに結婚を目的としているはずですが、中には既婚者が紛れ込んでいるリスクもあります。

そのため、独身証明書の提出の必要性が出てきます。

この独身証明書の取得方法ですが、本籍地がある自治体の窓口に直接行き申請する方法郵送で請求する方法、そしてオンラインで手続する方法の3種類があります。

まず、窓口に直接行き請求する場合は、「本籍地」がある自治体の窓口に行きます。住民票記載の住所ではなく本籍地がある自治体の窓口となりますので、注意しましょう。

自治体の窓口に行けば、独身証明書請求の申込書がありますので、必要事項を記載して窓口に提出してください。独身証明書は、即日発行してもらえます。

次に、郵送で請求する場合についてです。本籍地と現住所が離れている人は、わざわざ本籍地のある自治体の窓口に足を運べない人が多いでしょう。そのような場合は郵送で請求をしてください。

郵送で請求する場合、本籍地のある自治体が発行している独身証明申請書、申請料(自治体によって異なりますが、一般的には150〜400円前後です。郵便局で定額小為替を購入します。)、本人確認書類のコピー、返送先を記載し切手を貼った返信用封筒を、本籍地のある自治体へ郵送します。

最後にオンラインで手続する方法です。外出しなくても独身証明書を取得できるよう、オンライン独身証明書請求サービスという制度が作られました。こちらの方法ですと、インターネット上のフォームに必要事項を入力するだけで手続が完了します。もっとも、この方法の場合、郵送の準備等の手間は省けますが、自分で準備する場合より手数料が高くなります。

以上3つのうちいずれの場合であっても、発行してもらえる独身証明書の内容は同じです。ただし、郵送で請求する場合とオンラインで手続する場合は、独身証明書が手元に届くまでに日数がかかりますので、その点だけ注意しましょう(手元にいつ届くのかが気になる人は、事前に問い合わせをしてみてくださいね。)

独身証明書は絶対に必要?不要な場合もある?

結婚相談所への入会にあたり、独身証明書の提出を義務付けている結婚相談所と、提出を任意としている結婚相談所があります。

独身証明書の申請を恥ずかしいと感じたり、書類の提出を重荷に感じ結婚相談所への入会をためらったりしている人にとっては、独身証明書の提出を任意としている結婚相談所に魅力を感じるかもしれません。

しかしながら、独身証明書の提出が義務付けられていないということは、男女ともにリスクがあります。

なぜなら、独身証明書の提出がなされていない場合、結婚相談所に入会している人が本当に独身なのかどうかがわからないためです。

中には、既婚であることを隠して、結婚するつもりなどないにも関わらず出会い目的のために結婚相談所に入会する人もいます。そのような人と出会ってあなたが好意を持ったとしても、結婚をすることはできませんし、後々トラブルに発展し兼ねません。

このように、独身証明書の提出が義務付けられていない場合、安心して結婚に向けた活動をすることができません。

そのため、結婚を目指すのであれば、独身証明書の提出を義務付けている結婚相談所に入会することをおすすめします。

もし、独身証明書の申請を恥ずかしいと感じる場合は、郵送で請求する方法やオンラインで手続する方法で書類を入手してみてくださいね。

結婚相談所での独身証明書の使用目的は?

独身証明書という書類は、正式名称を「結婚情報サービス・結婚相談業者提出用証明書」と言います。

日本では、民法732条により、「重婚の禁止」が定められており、独身証明書は、この規定に抵触しないことを証明する公的な書類になります。

結婚相談所での独身証明書の使用目的ですが、男女が安心して結婚を目指す活動をすることができるようにするためです。

「私は独身です」と口で言っていたにも関わらず実は既婚者であるとなったら、結婚相談所に所属している会員の間でトラブルになります。さらには、結婚相談所自体の信用も失いかねません。

このような背景により、会員が安心して結婚を目指す活動をすることができるよう、結婚相談所では独身証明書の提出を義務付けているところがあります。

独身証明書の有効期限はある?

独身証明書を発行してもらった場合、発行年月日が証明書に記載されます。

通常、結婚相談所では、発行年月日が3ヶ月以内のものを証明書の有効期限としているところが多いです。

これは、独身証明書の有効期限を設けずに、何年も前の独身証明書を有効としてしまうと、証明書が発行されてから結婚相談所へ入会するまでの間に結婚している可能性が生じるためです。

結婚相談所が独身証明書に有効期限を設けているのも、結婚相談所の会員や結婚相談所自体の信用が目的となっています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる