ヨシオ@婚活して40歳で結婚できた さんと対談してきました!

婚活して40歳で結婚されたヨシオさん(@yoshiokonkatsu)と対談させていただきました。

4年の活動期間と合計300万以上掛けた経験から率直なお話を聞けました!

目次

36歳で婚活開始。40歳で結婚したヨシオさん

はじめまして!本日はよろしくお願いします。
まずは自己紹介をお願いします!

よろしくお願いします!ヨシオです。
自分の婚活のスタートは、36歳になってから婚活パーティーに参加したことです。
それまでは生活があまり安定していなかったんですが、実家に帰って再就職してから婚活を始めました。

36歳で婚活を始めたということですね。

最初は、一年半くらい婚活パーティーしか出ていなかったです。
当時の僕には、婚活パーティーくらいしか婚活の方法が思い浮かばなかったんです。
地元に婚活パーティーに力を入れてる結婚相談所が主催しているパーティーや、エクシオ・ホワイトキー・オトコン・パーティーパーティーなどにも参加しました。

けど、希望の相手とマッチングしても、思うように結婚まで話を進めることはできませんでした。
このまま同じことをしててもダメだなと思って、その婚活パーティーを主催していた結婚相談所への入会を決めたんです。

その結婚相談所を知ったきっかけは何だったんですか?

インターネットとかではなくて、婚活パーティーをしていたから、その結婚相談所を知ったという感じでね。
僕は成婚までに2つ結婚相談所を利用したのですが、もう1つも婚活中の男性からの口コミで知りました。

婚活パーティーに参加していた結婚相談所だから、入会のハードルが低かったんでしょうか?

そうですね。
インターネットの情報だけでは不安ですし、当時はあまり結婚相談所のCMなども少なかったんで、やっぱり実際の雰囲気とかが分からないと踏み込みにくかったと思います。

ヨシオさんは、婚活パーティーにどのくらいの頻度で通っていたんですか?

多い時には週に4回くらい通っていました。
それだけが原因ではないと思うんですが、自分は年収も低かったので回数を稼がなくてはいけないと思っていたんです。
でも、5回に1回程度しかマッチングできなかったですね。

それはフルコミットですね!
週に4回程度となると、毎月16回くらい婚活パーティーに参加することになります。

婚活パーティーは参加回数が多いと、とてもお金がかかるんです。
1回5,000円〜7,000円だとしても、月に10回とか婚活パーティーに参加すれば、結婚相談所よりも高くついちゃいますよね。

結婚相談所は初めに初期手数料など多くの費用が必要ですけど、婚活パーティーやマッチングアプリで常にかかる費用を計算すると、結局、結婚相談所の方が安く済んだりします。
これは実際に体験した人にしか分からない部分ですよね。

僕は婚活パーティーが一番コストが高いと感じています。
マッチングアプリも使用しましたが、こちらは多くの時間が取られますね。
「いいね」をいっぱいつけて、やっと会う約束をしたらドタキャンとかもありますから。

婚活サービスを実際に比較した方の生の声は重みが違いますね!

僕の場合は婚活に300万以上使ってますからね。

ヨシオさんは婚活を進める中で、真剣交際まで進んだけれど破局してしまった経験もお持ちだということですが、その理由を聞いても良いでしょうか?

その方は「〇〇県の〇〇市に新築で家を建てたい」という強い希望があったんです。
自分は当時年収があまり多くなかったので「頑張るよ」って言えなかったんですよね。
そしたら、そこで彼女が無口になってしまって、結局交際終了という連絡が来ました。
途中で、彼女の様子がおかしいとは気づき、話し合いを求めたんですが、気持ちを聞くことはできませんでした。

真剣交際に進んで踏み込んだ話ができて、すれ違いが生じたということですね。
でも、結婚前に問題が分かって良かったとも言えますよね。

そうですね。
結婚してから聞いたら、大変ですからね。
でも「真剣交際に進む前に話すべきことだったのか?」と思うと難しいところです。

なるほど。
ヨシオさんは「家を買いたい」「新築が良い」とか、自分の人生プランで譲れない部分を真剣交際前に話すべきだと思いますか?

それだけ譲れないことだったら、言って欲しかったですね。
真剣交際まで行けば、基本的にお互いの気持ちを擦り合わせていくという印象がありました。

確かに真剣交際は、細かい部分を調整するフェーズだと言えます。
そのタイミングで、自分が絶対に譲れないことを言われても困りますよね。

僕はお互いが考えている大体の大枠を話し合って、それで真剣交際に進めば良いのかなと思うんです。
「こうじゃなきゃダメ!」ていうこだわりは先に言って欲しいです。

ヨシオさんは結婚相談所とマッチングアプリを並行して利用し、婚活を進めたんですよね。
奥様とはマッチングアプリで出会ったそうですが、どんなアプリを使っていたのか、2人の馴れ初めを聞いても良いですか?

メジャーなアプリではなかったんですよ。
市が開いた婚活パーティーで登録を求められたアプリです。
登録自体は誰でもできるんですが、婚活パーティーに参加した人にはマークが付くので、安心して利用できました。
だから、そんなに登録人数は多くないです。

婚活パーティーと一体型のアプリということですね。
いきなり婚活パーティーで出会うよりも、事前情報が手に入れられて良さそうです。

期間限定の婚活パーティーだったので、パーティー自体は2ヶ月くらいで終わってしまったんですが、アプリだけは使用を続けていました。
でも、そのアプリはサクラばっかりだったんですよ。業者が紛れ込んでしまっていて。

自由に登録できるから、管理ができていなかたってことですかね・・

何回かやり取りしてると「携帯を壊しちゃいました〜こっちのURLでお話ししましょう」みたいな誘導が始まるんですよ。
だからもう辞めようかなと思っていた時に、妻と出会うことができました。

それはまた、運命的な感じがしますね!
奥様と出会った後に、今までの婚活経験が役立った部分はありましたか?

そうですね。
行ったことのあるデートスポットが増えたし、会話にも慣れていたのは婚活のお陰だと思いますね。
婚活を開始したばかりの頃の自分と比べたら、全然違いますから。

その後は奥様とどのように交際を続けたのでしょうか?

一緒に住み始めるまでは7ヶ月くらいで、入籍まではそこから半年くらいですね。

出会ってから結婚まで1年程度なので、ペース的には結婚相談所と同じくらいですね。
マッチングアプリに不慣れな方だと業者に引っかかってしまったり、もっと非効率な婚活になってしまったと思いますか?

そういったところを改善されたサービスがあると良いんですけどね。
メンタル強い人じゃないとマッチングアプリは向いていないと思います。

ありがとうございます。
ヨシオさんの婚活ヒストリーが、よく理解できました!

ポイント

・ヨシオさんは36歳で婚活を始め、最初は婚活パーティーのみに参加していた
・婚活パーティーは参加回数が多いと結婚相談所よりも高額になる
・真剣交際までに自分が譲れない希望は伝えておくと良い
・マッチングアプリで婚活をするには多くの時間が必要
・不慣れな人がマッチングアプリを使うと業者に騙される恐れがある

実家暮らし、一人っ子、年収低いで一番NGなのは?

ヨシオさんは婚活で苦労された時期もあったと思うんですが、うまく話が進まなかった理由は何だったと考えていますか?

実家暮らし・一人っ子・年収が低い
この辺ですかね。

婚活パーティーだと女性の反応が見やすいと思うのですが、その3つの中だと、何が一番女性が嫌がるNGポイントだと感じましたか?

「実家暮らし」というと嫌がられた記憶が多いですね。
自立できていないという印象があるようです。

実家暮らしが一番ネガティブなイメージということですか!
ヨシオさんは実家に戻ってから婚活を始めましたが、一人暮らしの方が婚活がスムーズに進んだかも知れないと考えていますか?

そうですね。
でも転職後の年収が分かりませんでしたし、地方だと一人暮らしは貯金が貯まりにくいと考える人が多いと思います。

年収を上げ一人暮らしをして、地盤を整えてからの方が、婚活がスムーズに進む可能性が高いかもしれませんね。

婚活の場では実家暮らしがデメリットなのは間違いです。

ポイント

・婚活中に女性に嫌がられるポイントは、実家暮らし・一人っ子・収入が低い
・実家暮らしを嫌がる女性は特に多い

結婚相談所の会員は”質が良い”の正しい真意とは?

ヨシオさんはブログで副業をしていると聞きました。
婚活に対しての情報配信をしているということですか?

はい。せっかく自分が経験したことを情報として提供できればなと考えています。
少しずつ読者が増えているのも嬉しいです。

「静岡県には良い相手がいない」とか「静岡県には良い結婚相談所がない」とかいう意見を聞くと、悔しくなるっというのも情報配信をしている理由です。

そういう意見を言う人は、婚活に対する理想が高すぎる場合が多い気がしますよね。
「年収1,000万」とか理想が高すぎたりします。

結婚相談所で「会員の質が高い」とかいう宣伝があるじゃないですか?
あれって
・年収が高い
・安定した職業に就いている
・結婚願望が強い
こういう人たちを「質が良い」と言っているんだと思います。

でも条件で絞ってから実際に会ってみたら、会話の仕方や見た目が嫌だとか感じる人もいるでしょう。

結婚相談所には年収の制限があるので、まず登録できるだけで一定の条件が確保できているわけです。
じゃあ「何でそれだけ年収があって結婚できないのか?」という理由を持っている人が多いのは仕方がないと思うんですよ。
「あれもこれも」を求めてしまうのが、相手にガッカリする原因じゃないかな。

「条件は良いけど見た目が・・」とか、欲張りすぎてしまうということですね。

今は年収が高い人が減っているので、結婚相談所に登録できているだけでも、条件が絞られているということを知って欲しいです。

全てを求めすぎてしまうと、結婚が難しくなってしいまうということですよね。

妥協と言ったらいけないけど、自分にとって「必要なこと」「必要じゃないこと」って何なのかを考え直せる人が、婚活に成功するんだと思います。
あと「自分が望む相手はいないんだ」と悲観して婚活を終わりにしてしまう人も勿体無いです。

そうですね。
求めているものが分からないと「あれもこれも」ってなっちゃうのかもしれません。

今は出会いの数は多いと思うので、それだけ出会って数をこなしてもうまくいないなら、そういう部分を見直すと良い方向に進める可能性もありますよね。

ポイント

・結婚相談所のいう質の良い会員は誰にとっても理想の相手とは限らない
・結婚に求めることをはっきりさせておくべき
・自分が結婚に求める条件が曖昧だと欲張りになってしまう恐れがある

結婚に理想を抱きすぎている

結婚に求めることを整理しても、その希望が多すぎる方もいますよね?

いっぱい求めてしまうのは、結婚生活に理想を抱きすぎているのかも知れないです。
「結婚したら生活が安定する・毎日楽しくて嫌なことがない!」みたいな。
実際そんなことないじゃないですか。

結婚してから分かることもありますよね。

結婚したら薔薇色というわけではないのだけど、その現実が見えていなくて、どんどんハードルが上がってしまうのだと思います。

話が変わりますが、結婚相談所には「男性がお茶代を支払う」とか「スーツを着る」とか古いルールがあると思うんですけど、ヨシオさんはルールについてどう思いますか?

トラブルにつながらなくて分かりやすですが、なんで男性ばかりとは思うこともありますよね。
Twitter上でもテーマになることが多い話題です。

ヨシオさんはお茶代などを支払っていたと聞いていますが、やっぱり気になる部分ではありますね。

僕は食事やお茶に誘った方がお金を出すのが平等なのかなと考えています。
基本的に男性が誘うことが多いので、結局男性が支払う回数が多くなるのかな。
でも、毎回それが当たり前になると「この人は自分に興味があるのかな?」と感じますね。
たまには誘って欲しいです。

お金を出して欲しいというよりも、誘ってもらって支払いをしてもらえると「自分はこの人に興味を持たれている」と感じて嬉しくなりますよね

ポイント

・結婚に対する希望が多すぎるのは、結婚に対する理想を抱きすぎているから
・結婚すれば薔薇色というわけではない

相手に選んでもらうために平均点をあげるべし

ヨシオさんは結婚相談所・婚活パーティー・マッチングアプリを使用した経験があるわけですが、婚活中に感じた成功エピソードを教わっても良いですか?

自分はホワイトニングをしてから婚活パーティーで「歯が白い」と言われるようになりました。
あとは車に乗るときにドアを開けてあげたりとか、そういう所作にも気をつけました。

「これさえやれば婚活成功!」というものではなく、そういう細かい部分でポイントを稼ぐというのが、成婚につながるということでしょうか?

そうですね。
相手によっても求めてくることが違うとは思うので難しいで、なおさら積み重ねが大事だと思います。

逆に、ヨシオさんが経験した婚活の失敗エピソードを聞いても良いでしょうか?

デートと婚活パーティーを同じ日に入れてしまって、デートの相手に向き合えなかったことがあります。
時間を気にして慌ててしまったので、相手に「大事にされていない」と感じられてしまいました。

確かに仮交際の場合には、どうしても土日に予定が詰まってしまいがちですよね。
その解決策を教わっても良いですか?

会う前に、他に予定があるということを言った方が良いです。
その場で「もう時間だから」というよりも「18時から友達と約束がある」とか「2時間しか時間がなくいんだけど」とか、あらかじめ時間を伝えておくと相手に失礼じゃありませんよね。

ポイント

・自分ができる努力は実施しながら婚活をするべき
・「何をすれば婚活成功」ではなく、小さなことを積み重ねていく
・時間が限られたデートでは、事前に次の約束の時間について相手に伝えておくこと

結婚相談所を利用したことがある人を探すのが結婚の近道!?

話が変わりますが、結婚相談所選びが難しいと感じている人が多いようです。
結婚相談所選びのポイントを教わっても良いでしょうか?

やっぱり利用した人の声を聞くのが一番ですね。
インターネットの情報は分かりにくいし、実際に本人から勧めてもらうのが安心です。
先ほども伝えましたが、僕が二つ目に決めた結婚相談所は、婚活中の男性から教えてもらいました。

インターネットで結婚相談所を比較するよりも、結婚相談所を利用したことがある人を探したほうが近道ということですね!

そうですね。
早いと思いますし、信頼できる情報だと感じます。
最近ではTwitterでも婚活している人の声が聞きやすくなっているんで、それも参考にできますね。

あと、結婚相談所の選び方としては初回面談に
・初期費用が高すぎないか
・相性の良いカウンセターがいるか
・自分が希望するメンバーが何人くらい登録されているか
・サポートの内容
を確認すれば良いと思います。

初期費用が高いのに入会して、希望する条件の相手がいないとか会員数が少ないとすぐに紹介が終わってしまうからです。
結婚相談所によってその費用に差があるし、費用とサービスが比例しなかったりするから「高ければ良い」とは言えないんですよ。

なるほど。
サポートの内容は多ければ良いということですかね?
みんなたくさんのサポートが欲しいと思います。

多ければ良いんではないと思います。
大切なのは、自分に合ったサポートが用意されているか?ですね。

結婚相談所のサポートの中には、結婚を求める相手を見直すべきとか妥協を進めるようなアドバイスがありますよね。
今は自分でたくさんの情報が得られる時代なので、そういうのが嫌だと感じる人も多いと思います。

交際中の相手の気持ちとか服装のアドバイスは喜ばれると思うんですけどね。

相手に求める条件面へのサポートは、ない方が良いということですか?

人によって求めるサポートが違うということですね。
最近オンライン結婚相談所が人気を集めています。
オンライン結婚相談所だと「データマッチングだけ」「好きな時に相手の検索だけ」「聞きたい時だけ相談」とかができるじゃないですか。
そういうサービスが人気を集める理由は、手厚いサポートを求めていない人も多いということだと思うんです。
お節介おばちゃんのようなサービスが嫌だと感じているんじゃないかな。

なるほど。
確かに求めるものが人それぞれ違うのは自然なことですね。

ポイント

・結婚相談所探しには利用者の声を聞くのが一番の近道
・結婚相談所に求めるサービスは人によって違う
・結婚相談所は高ければ良いというわけではない

婚活は恥ずかしいことではない!どんどん周りに婚活することを言おう!

婚活を進める上で必要なことは、結婚相手に求める条件・結婚後の譲れないプランなどをはっきりさせておくということでしたが、どうやったら自分の希望が明確になっていくと思いますか?

男女ともに言えることですけど、結婚していない独身ばかりで集まるのではなく、結婚した友達と一緒に過ごしたり、話をする機会を作るべきです。
その場で聞いた話から、結婚生活とはどういうものかが分かるし、自分が結婚相手に求める重要なポイントが見えてくると思います。

特に女性は既婚者と独身で距離が生まれちゃうことがありますよね。
周りに結婚した友人が多い人は結婚も早い気がします。
それに、友人からの紹介も、どんどんしてもらった方が良いです。

変なプライドを持って婚活していることを隠すよりも、アピールした方が周囲が協力してくれたりしますよね。

そうです。
人数をこなせないという問題はあるものの、友人や知人からの紹介が一番結婚に近いんですよ。
婚活は普通のことで、恥ずかしくないと思って欲しいです。
最近はマッチングアプリは恥ずかしくない感じになってきたけど、結婚相談所はそう思われてないですよね。

世の中は変わっているから、今までの結婚の出会いとこれからが違ってくるのは当然ですよね。
昔は仲人がいてお見合いして結婚するのがスタンダードの時代もあったわけです。
いずれ結婚相談所がスタンダードになる日が来て欲しいですね。

僕は、これから結婚相談所もマッチングアプリに似てくるのかなと思っています。
費用が安くなって、お見合いを申し込める数が増えて、もっと気軽に使えるようになってくる。
それか、今まで通りの仲人方の結婚相談所と、そのような気軽に使える結婚相談所が二極化して行くかもしれません。

結婚相談所の魅力は結婚したいひとが集まるという部分で、マッチングアプリのように遊びたい人とかに出会ってしまうことがありません。
その辺の結婚相談所のメリットがもっと知されると良いですよね。

料金が下がれば真剣度が下がる・高ければ上がるのは仕方がない部分でもあるので、その辺のバランスは難しいですね。

最後になりますが、今婚活を頑張っている人に対して、ヨシオさんからアドバイスをもらっても良いですか?

・自分の魅力は何か
・自分に直すべき点はないか
・どうして結婚したいのか
を考えることですね。

自分の魅力を知って直すべき点は改善ということですか!

例えば、自分のような穏やかで真面目そうなタイプの人が「女性に慣れてる感」を出してもうまくいきません。
誠実さをアピールしたり、「結婚後には穏やかな家庭を待ってますよ」というアプローチをしました。
もちろん嘘はいけないけれど、自分の良いことを出していかないとダメですよね。
それに、自分が結婚したい理由がはっきりしていないと、頑張れません。

確かに「自分には何の取り柄もない・自分の弱点も分からない」で戦いに行くのは、無謀ですね。

あとは、先ほども言いましたが、自分が結婚に求める希望をはっきりさせます。
ぼやっと考えるからあれもこれもになっちゃうんです。
自分が求めることが決まると、必要ないことも決まります。
そうすれば、お見合いを申し込む相手も増えますね。

なるほど。
婚活を成功させるためのヒントを知れた気がします!
貴重な情報をありがとうございました!

ポイント

・婚活をしていることは周囲にどんどんアピールしよう
・婚活前に自分の魅力を知る・改善点を見つける・なぜ結婚がしたいのがを考えると良い
・自分が結婚に求めることがはっきりすれば、方向性も見えてくる
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる