結婚相談所

結婚相談所は低年収でも成婚できる!?裏技的な方法やポイントを解説

  1. HOME >
  2. 結婚相談所 >

結婚相談所は低年収でも成婚できる!?裏技的な方法やポイントを解説

「年収が300万円なんだけど、結婚相談所に入会できるの?」

「低年収でも成婚することはできる?」

結婚相談所は利用料金も比較的高額で、入会審査や条件が定められていることがほとんどです。

低年収での入会や成婚は不可能ではないか?と不安に思う方も多いでしょう。

しかし、結婚相談所の多くは低収入でも入会することが可能です。

もちろん、低収入でも結婚のポイントを理解していれば成婚できるケースも多いにあります。

この記事では、低年収でも結婚相談所で成婚するポイントを解説していきましょう。

低年収でも結婚相談所に入会することは可能!

結婚相談所は利用料金が高額であるケースも多く、年収制限が設けられていると思われがちです。

しかし、結婚相談所の多くは年収に制限を設けていません。

年収300万円クラスでも費用さえ支払えば、結婚相談所を利用することは可能です。

結婚相談所では低年収でも成婚できるよう専任のコンシェルジュからサポートを受けられます。

そのため低年収での婚活が不安な場合でも安心して入会することが可能です。

また、契約社員や派遣社員など正社員でない方も一定数いるかもしれませんが、「継続的な収入がある」条件を満たしていれば入会できます。

注意しておきたい点として、年収制限のある結婚相談所も存在しているということです。

ステータスの高い男性や職業制限などをアピールポイントにしている結婚相談所では、低年収での入会が難しくなります。

なぜ低年収は成婚が難しい?

そもそも、低年収とはどの程度の年収を指すのでしょうか?

国税庁の民間給与実態調査によると、令和元年の日本人平均年収は436万円であることが分かっています。

参考:民間給与実態調査|国税庁

結婚相談所において女性が男性に求める年収は500〜600万円であると言われているため、平均年収よりも大幅に高い期待値です。

平均年収以下であれば、一般的に低年収とイメージされることが多いかもしれませんね。

年収は今後の生活水準に大きく影響する要素であり、結婚・出産などのライフイベントに関わるポイントです。

そのため、一般的に低年収での成婚は難しいと考えられています。

結婚相談所では女性側も高額費用を支払っているため、成婚相手に求める水準が普段よりも高くなっていることも1つの原因です。

低年収で成婚する3つのポイント

では、低年収男性が結婚相談所で成婚をするためのポイントを解説していきましょう。

具体的なポイントとして意識しておきたいのは、以下の3点です。

  1. ある程度の貯金を用意する
  2. ルックスを磨いておく
  3. 良好な性格をアピールする

それぞれを詳しく見ていきましょう。

【ある程度の貯金を用意しておく】

低年収であるにもかかわらず、結婚を前に貯金がないと女性側からは不安要素が多いと判断されてしまいます。

逆に、低年収でも貯金があれば経済管理ができる人だというイメージにも繋がります。

いくら高収入でも浪費癖が激しいと結婚相手としてはイマイチですよね。

貯金はもちろんのこと、お金の管理面はきちんとしておくことが重要です。

【ルックスを磨いておく】

結婚相談所では、成婚前にさまざまなお相手のプロフィールを見た上でお見合いに進む流れがあります。

プロフィールを確認しながら気になるお相手を探す場合、第一印象として大切なのがルックスです。

顔がイケメンかどうかよりも、清潔感があるかどうかです。

年収が低くてもルックスがよければ、会いたいと思ってもらえる機会も増えるでしょう。

太っていて髭の長いような清潔感のない高年収男性よりも、爽やかで清潔感のある低年収男性の方がいい!という女性は大勢います。

そのため年収が低いハンデを埋めるために、ルックスを磨くことに努めましょう。

【良好な性格をアピールする】

結婚において職業や年収などの要素は重要ですが、それ以上に性格は重視されるポイントとなっています。

いくら年収が良くても、上から目線で高圧的な男性と結婚したいと考える女性は少ないです。

年収が少なくても穏やかで尊重することができる性格はアピールできる魅力ではないでしょうか。

女性によって好みの性格は異なるかもしれませんが、人当たりの良い性格を意識するといいでしょう。

もちろん婚活の間だけ性格を偽るのではなく、自己分析をした上で良好な性格を目指すことがおすすめです。

年収に負けない魅力をアピールしよう!

婚活において年収は必ずと言っていいほど着目されるポイントであるため、不利な婚活となる覚悟は必要です。

しかし、現代では共働きを希望する女性も増え、男性の年収に対する期待値が下がってきている傾向にあります。

変えられない年収に嘆くよりも、その他のアピールポイントを磨いておくことが効果的です。

貯金を蓄えたり性格・ルックスなどをしっかりしたりと、女性が男性に求める条件を調査して磨いておくことがおすすめです。

年収に負けない魅力を磨いておくことで、低年収でも幸せな成婚を勝ち取りましょう!

-結婚相談所

© 2021 マリッジプロ