内緒で婚活したい!結婚相談所で身バレしないためのコツを解説

結婚相談所で婚活を始めたいものの、家族や知り合いへの身バレが怖くて、二の足を踏んでいる人がいるかもしれません。

最近は結婚相談所で恋人と出会った旨をオープンに話す人も増えてきましたが、まだまだ後ろめたさを感じている人もいるでしょう。

そこで今回は、結婚相談所で身バレしてしまうケースや、身バレしないために気をつけることについて解説します。

目次

結婚相談所で身バレするリスクは少ない

結婚相談所への入会を家族や知り合いに知られることを怖がっている人がいますが、結婚相談所で身バレするリスクは少ないです。

その理由は二つあります。

まず一つ目に結婚相談所では、会員への郵便物と電話に注意を払っています。

結婚相談所側も、身バレを怖がっている人がいることを把握しているので、身バレしないようにできる限りの対策をしています。

郵便物が自宅に届いたり、自宅の固定電話に電話がかかってきたりすることを心配している人がいますが、この点は心配いりません。

結婚相談所からの郵便物が自宅に届く場合、結婚相談所の名前や社名を伏せて郵送されることが多いです。

そのため、自宅に郵便物が届いても、結婚相談所の名前が同居している家族の目に入ることはないでしょう。

また、電話についても、結婚相談所に登録している連絡先にしか連絡が来ないため、自分自身の携帯電話の番号を登録しておけば問題ありません。

二つ目に結婚相談所へ入会した際に、プロフィールや個人情報を結婚相談所の会員サイトに掲載されることにより生じる身バレリスクです。

しかし会員サイトは、会員でないと閲覧することができない仕組みになっています。

つまり、同じ結婚相談所に知り合いが入会していない限り、知り合いから結婚相談所に掲載している写真やプロフィールを見られる心配はないのです。

またプロフィールや写真については、どんな情報を掲載するかは個人の裁量に委ねられていますし、会員への公開範囲も自分で決められることが多いです。

三つ目は結婚相談所に伝えた個人情報の取り扱いについてです。

結婚相談所に入会する際は、氏名・住所はもちろん、学歴、勤務先、年収、趣味等、様々な個人情報を伝えます。

それらの個人情報は、結婚相談所で厳重に管理され、個人が特定されるような情報は公開される心配がありません。

そのため、具体的な勤務先等で身バレしてしまうリスクも心配しなくて大丈夫なのです。

結婚相談所に入会していることがバレてしまうのはどんなとき?

結婚相談所で身バレするリスクは少ないですが、身バレするリスクがゼロとは言えません。

身バレしてしまうシチュエーションは一例ですが、3つあります。

1.デートしている現場を偶然目撃される

たとえば、結婚相談所で出会った人と外で会っているときに、その場を知り合いに目撃されてしまうことがごく稀にあるでしょう。

2.家の中に結婚相談所に加入している痕跡を残してしまう

親や兄弟と同居している場合、結婚相談所から送られてきた郵便物や資料を置きっ放しにしておくと、それらを家族が見てしまうことによりバレてしまうことがあります。

先述で「結婚相談所からの郵送物は宛名が伏せてある」と記載しましたが、中身まで見られると、さすがに「結婚相談所から」とバレてしまいます。

それに加えて、共用パソコンでの閲覧履歴で結婚相談所に入会していることがバレてしまうこともあるため、この点も注意が必要です。

3.登録している結婚相談所に友人知人がいる

さらに、知り合いと同じ結婚相談所に入会していると、プロフィール写真を発見され身バレしてしまう可能性もあります。

結婚相談所で身バレしないために気をつけること

では、身バレしないためにはどのような対策をとるべきでしょうか。

結婚相談所で身バレしないためには、

  • 家族や知り合いがよく使っているお店は避ける
  • 郵便手紙を郵便局留めにする
  • 結婚相談所からの電話の時間を指定する
  • 家族共用PCでは閲覧履歴を消す。別のPCを使う
  • プロフィール写真を非公開にする

などの対策があります。

まず、結婚相談所で出会った人と外で会う場合ですが、家族や知り合いがよく使っているお店は避ける方が無難でしょう。

どうしても人に見られたくない場合は、オンラインで異性の人とお見合いをしてみるのもおすすめです。

また、親や兄弟と同居している場合、結婚相談所から送られてきた郵便物や資料の扱いは慎重に行いましょう。

郵便物は郵便局留めにすると、家族が郵便物を手にする心配はありません。

家族や兄弟との共用スペースには資料を置かず、誰にも見られない場所に保管しておくと安心です。

そして、結婚相談所からの電話ですが、携帯電話にかけてもらい、さらに電話の時間を指定するのも良いでしょう。

電話の時間を指定しておけば、家族がいる時間に結婚相談所から電話がかかってくることはありません。

家族で共用のPCを使っている場合は、結婚相談所の閲覧履歴を消したり、別のPCを使ったり、といった対策がおすすめです。

最後に、結婚相談所内のプロフィール写真ですが、どうしても身バレしたくない場合は、プロフィール写真を非公開にしてもらうという選択肢があります。

確かに、写真が掲載されている方が異性から興味を持ってもらえるので、写真を掲載しないのはもったいないです。

しかし、自分が公開したい男性にのみ公開する等、公開の方法も様々です。

自分のプロフィール写真の公開方法やその範囲については、結婚相談所のアドバイザーと相談してみてくださいね。

結婚相談所内で知り合いを発見したとき

先述で結婚相談所で身バレしてしまう要因の一つに、「同じ相談所に登録していた」という事態を解説しましたが、実際に結婚相談所内で知り合いを発見するケースは稀です。

理由としては、結婚相談所に掲載するプロフィール写真は、フォトスタジオ等で撮影したものが多く、普段と印象も違う人も少なくないからです。

そのため、「知り合いかも?」と思ってもあまり気にしない人が多いです。

周囲への身バレが心配な人も多いと思いますが、一番大切なのは、あなたが幸せな結婚ができることです。

先述した対策を取れば身バレするリスクはほとんど無いので、まずは結婚相談所への登録をしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる