高望みのせいで婚活難航?アラサーの婚活と高望みの代表例とは!?

婚活に高望みは厳禁ですが、アラサーになると人生経験の多さから、ついつい相手への理想が膨らんでしまいがちです。

もちろん結婚相手に求める最低限の希望は必要ですが、その希望のレベルが高すぎることがあるのです。

そして厄介なことに多くの場合、本人は「自分が平均的なことしか求めていない」と思い、高望みの自覚がありません。

そのまま婚活を進めても、理想の相手と巡り合うことは難しくなってしまうでしょう。

この記事では、アラサーの男女がしてしまいがちな高望みの例をまとめました。

自分はそのような高望みをしていないか?よく考えてみましょう。

目次

【アラサー女性向け】婚活の高望みの代表例

最近は共働きの夫婦が多くなりましたが、結婚後は専業主婦になりたいと考えている女性もいます。

一生仕事を続けたいと考えている女性でも、子供を望む場合には、一定期間今まで通りの働き方ができなくなりますよね。

そのため、必然的に女性の結婚後の生活を左右するポイントである年収などが高望みされやすい部分です。

【年収の高望み】

相手に年収の下限を決める女性は多いですが、それ自体は悪いことではありません。

年収は結婚後の生活に直結する部分であるため、仕方のないことです。

しかし「最低限」と思っている年収の設定が非現実的な数値であった場合、自分で婚活の相手を狭めてしまうことになります。

ちなみに国税庁が実施した年齢別民間給与統計調査の結果はこちらです。

年齢男性の平均給与
20代後半413万円
30代前半513万円
30代後半589万円
40代前半645万円

つまり、アラサーの女性が同じ年代の男性に「年収600万円以上」と希望すれば、平均以上の年収の相手のみを探すことになるのです。

さらに高い年収を求めるのなら、より狭めた範囲の相手としか出会うことができません。

【安定した職業を求める】

年収の高望みと似た部分でもありますが、結婚相手に安定した職業を求める女性は多いです。

しかし「安定した職業の定義」が細かなものになると、やはり出会うことのできる相手を狭めてしまう結果になります。

安定した職業の代表には公務員がありますが、もちろん相手を公務員だけに絞ることはおすすめできません。

その他にも

  • 転勤がない職業
  • 給与が安定している職業
  • 昇給が見込める会社
  • リストラがない職業
  • 衰退しにくい業界
  • 土日休みの職業

このように細かな希望まで出してしまうと「安定した職業」という定義が非常にハードルの高いものになってしまうのです。

【アラサー男性向け】婚活の高望みの代表例

アラサーの男性は女性とは違った高望みをしてしまう傾向があります。

貴重な時間を無駄にしないためにも、自分が高望みをしていないかよく考えてみましょう。

【女性の年齢にこだわる】

自分が20代前半の頃にはそんなことを考えたことがなかった男性も、歳を重ねるごとに「若い女性と結婚したい」と感じる方が多いようです。

若い女性に魅力を感じるというのは悪いことではありませんが、年齢だけで相手を絞りすぎてしまうのは避けた方が良いでしょう。

【女性の外見にこだわる】

女性を顔やスタイルで判断し、平均以上の外見を求めてしまう方のことです。

外見は関係ないとは言いませんが、一生を共にする相手に重要視する事柄ではないと考えた方が良いですね。

【結婚後の相手の生活を決めてしまう】

アラサーの男性は人生設計が完成している方も多く、結婚後の女性の生活を結婚前に決定してしまっている方がいます。

  • 専業主婦になってもらう
  • 結婚後もずっと仕事を続けてもらう
  • 子供は○人と決めている
  • 子供は作らないと決めている
  • 定年後は地方移住する

など、本来なら結婚後・交際時に2人で決めていくようなことまで婚活前に1人で決め、同じ希望を持った相手とだけ話を進めようと考えているような方のことです。

将来設計が一致している相手と結婚するというのは、結婚後の揉め事を避けられる理想的なイメージがありますが、人間は歳を重ねるごとに希望が変化していくものです。

初めから自分の人生設計だけを主体に、相手を絞ることはおすすめできません。

希望の量が多くても高望み

ここまでの内容を読んで「自分はそんな高望みをしてない」と感じ、安心していませんか?

しかし、一つ一つの希望は極端なものでなくても、希望の量が多ければ高望みになってしまいますので、注意してください。

年収・年齢・職業・外見など、それぞれは平均程度の希望でも、全てを網羅している相手は非常に少なくなるということです。

婚活の時に、アラサーの男女がしてしまいがちな高望みの代表的な例を紹介いたしました。

結婚相手に希望する条件を持つのは必要なことです。

しかし、自分が相手に求める条件を現実的な希望にするためには

  • 自分が希望している条件は非現実的なものでないか調べてみる
  • 譲れない絶対条件を数個だけ決めておく

ことがポイントです。

相談相手がいるのなら、客観的な意見をもらうのも良いですね。

条件だけで巡り会える相手を絞りすぎてしまわないよう、自分の婚活を見つめ直してみましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる